輝く海と子どもたち、自然豊かな佐志生小学校

HOME > 学校からのお知らせ > 「佐志生」を言葉にして伝えよう。:大分大学教育学部准教授 花坂歩先生をお迎えして

学校からのお知らせ

「佐志生」を言葉にして伝えよう。:大分大学教育学部准教授 花坂歩先生をお迎えして
2021年10月01日

9月29日水曜日、花坂歩先生(大分大学教育学部准教授)をゲストティーチャーに、全校児童を対象とした国語特設授業がありました。今年度は全学年「言語理解力」の育成を目標に、を中心に国語力の向上を目指しています。校内研修においても、国語科に特化し、研究授業を年3回実施する予定です。今回は、校内研修の一環として、県内国語科のスペシャリストである花坂先生に特設授業と教師向けの講義・演習を行いました。

音読にて、佐志生の良いところを聴き手に伝える授業ですが、導入の音読に向かう姿勢からリラックスモードに誘いこみ、子どもたちの緊張をほどいています。さすが!

音読のための基礎指導では、アニマルトレーニングを行いました。動物の鳴き声や鳴き方を通して音読の発声等、基礎的な知識や技術を学びます。

フクロウのなき方は「ホ~、ホ~」とのびやかに、犬のなき方は「ワン!ワン!」と言葉の粒を立てて読もう!早速、隣同士で「ホ~、ホ~」「ワン!」と先生の真似をして喜んでいる素直な子どもたちです。

さぁ!次はいよいよ佐志生小で実施した活動をもとにした資料を活用して音読です。ボイストレーニングで鍛えた知識を基に、読み方を練習します。そして、何やらみんな記述を自主的に始めました。何と!資料に書かれた以外の感想や付け加えを記入しているのです。この積極的な行動に驚きました。

花坂先生や、学級担任が朗読の発表の仕方を具体的に指導しています。さぁ、6年生から発表です。うまく読めたかな?

6年生はさすがに上手に感情を込めて音読できました。2年生には3年生が後押しします。4年生、美しい声ではきはきと

音読できました。しっかり、付け加えや感想も入れて…、みんな、すごいなぁ~!!!

5年生もみんなに届く声で、緩急を入れながら音読しました。花坂先生の励ましの言葉が子どもたちのやる気をグングン引き上げます。

授業終了後、児童がつぎつぎと「あ~!面白かった!!」「楽しかった!!」最高のリアクションです。

教師は、児童下校後、本日の授業を振り返り、花坂先生の講義と演習を受けました。大変貴重な時間でした。花坂歩先生、お世話になりました!