輝く海と子どもたち、自然豊かな佐志生小学校

HOME > 学校からのお知らせ > 臼杵市出身の芸術家:佐藤雅晴展「佐藤雅晴尾行」(大分県立美術館)

学校からのお知らせ

臼杵市出身の芸術家:佐藤雅晴展「佐藤雅晴尾行」(大分県立美術館)
2021年05月18日

5月15日(土)から6月27日(日)に開催の「佐藤雅晴尾行」展へ(筆者が)行ってきました。作品群はアニメーションを活用するパソコン上で制作されたものでしたが、それらのクオリティーの高さに驚かされました。

佐藤氏は臼杵市市浜出身で県立緑丘高校から東京芸術大学で芸術を学び、ドイツに渡ります。2010年に日本へ拠点を移したときは病魔に侵され、2019年に惜しまれながら45歳で他界しました。最晩年に描いた「死神先生」シリーズのアクリル画の研ぎ澄まされた表現が鑑賞する者の心を打ちます。

私も勉強不足で佐藤氏のことは名前は知っていましたが、作品は今回の展覧会で初めて拝見しました。コロナ禍において、外出もままならぬ昨今ですが、県立美術館の一階メイン会場で臼杵市出身の作家を取り上げることは滅多にないことです。おすすめの展覧会です。