輝く海と子どもたち、自然豊かな佐志生小学校

HOME > 学校からのお知らせ > 校内研修研究授業:互いに認め合い、主体的に表現できる子どもの育成~思いや考えを聴き、伝え合う活動を通して~

学校からのお知らせ

校内研修研究授業:互いに認め合い、主体的に表現できる子どもの育成~思いや考えを聴き、伝え合う活動を通して~
2020年11月26日

 11月25日(水)は校内研修に係る、研究授業でした。足立和寛児童主事を招聘して、6年生担任 赤嶺恵子教諭の部落解放学習「ぼくは、部落出身です」を教職員全員で授業観察しました。

 ある中学校で行われた公開授業にて、仲間たちの支えの中、部落出身である自分の立場を宣言した勇気ある中学生Mさんを題材に、差別に立ち向かう勇気や仲間づくりを通して自分自身を振り返る授業でした。

 6年生の3人は、自分の考えを記述したり、発表したりしながら、お互いの気持ちを交流し、考えを深めていきました。その真摯な態度には驚かされます。これから思春期を迎える子どもたちにとっても、たくさんの授業を展開していく教職員にとっても、この授業を体験し、参観できたことは貴重な経験でした。一般授業も指導主事に見ていただき、指導・講評をいただきました。忙しい一日でしたが、充実した一日でした。

校内研修提案授業6年生部落解放学習

一般授業   3年生算数

1,2年生音楽

4年生国語

5年生算数