輝く海と子どもたち、自然豊かな佐志生小学校

HOME > 学校からのお知らせ > 地域のコスモス・ソバ園を見学しよう!(1~3年生生活科・総合的な学習の時間)

学校からのお知らせ

地域のコスモス・ソバ園を見学しよう!(1~3年生生活科・総合的な学習の時間)
2020年10月27日

 秋晴れの10月26日月曜日、低学年がたのしみにしていた校外学習の時間がやってきました。場所はさしう大丸うどん店の裏地(藤田)にある、「コスモス・ソバ園」です。「さしう地域振興協議会」の方々が地域振興を目的に、休耕地にコスモスやソバの花を栽培しています。そんな地域の方々の思いに触れる活動として現地に低学年10名が出かけました。

 うすきツーリズム活性化協議会事務局長の中野重二さんにご案内をいただき、美しいコスモス・ソバ園を見学しました。2年生の2名は、国語科の「そうだんにのってください」の学習で、「コスモス園を見学する学習に合う服装は何だろう?」というテーマで話し合ったところ、「自然を見学するので、虫刺されやくさまけをふせぐように、タイツやパンツをはく」「歩いたら暑いので、いつでも体温を調節できるよう、長そでの上着の下に半そでTシャツを着る。」「または、肩の部分がカットになっているシャツを着て風を通す。」「色は白か黒のシャツが良い。なぜなら、コスモスやソバの花がきれいに見えるし、写真を撮ったときにお花がシャツの模様のようにうつるから。」という深い対話ができました!彼女たちはその通りの服装をしていました。

 最後は中野さんにお礼の言葉をお伝えし、感謝の気持ちを全員で表現しました。中野さん、本当にありがとうございました。