学校からのお知らせ

租税教室
2020年10月22日

10月22日(木)の2限、臼杵税務署と臼杵・津久見法人会の方に来ていただき、5・6年生が租税(税金)について勉強しました。最初にDVD「ヤマトとマリンの不思議な日曜日」=『税金がもしなかったらどうなるか?』を見ました。児童からは「税金の必要性がわかった」と感想が出ました。その後、パワーポイントを使って①『税金の種類』②『税金でできているもの・支払われているもの』③『南野津小学校で授業料を支払うとすると・・・』④『消費税の仕組み』⑤所得税の『累進課税制度』⑥『納税の義務』等について、クイズ形式も取り入れてわかりやすく説明していただきました。税金の大切さとともに南野津小学校にもたくさんの税金が使われていることも学ぶことができました。最後に児童一人ひとりが1億円(見本)をもって、そのの重さを体験しました。3限は学んだことを生かして「税に関する絵ハガキ」を書きました。ご指導いただいた税務署ならびに法人会の方々ありがとうございました。