保戸島小ファミリーを合い言葉に、楽しく元気に何事にも挑戦します。

HOME > 教育研究 > 2015年度校内研修

教育研究

2015年度校内研修
2015年08月07日

研究テーマ

主体的に学び、生き生きと表現できる子どもの育成をめざして

~書く活動を取り入れた、望ましいマンツーマン授業のあり方を求めて~

 

研究仮説

マンツーマン授業において、多様なものの見方・考え方にふれさせる工夫を仕組み、さらにホワイトボードやワークシートなどを活用し、自分の思いを書いたり発表したりする活動を仕組んでいけば、主体的に学び、生き生きと表現できる子どもが育つであろう。

 

1学期の提案授業(1年生)

国語科  「おおきなかぶ」

吹き出しを使い、かぶをひっぱる登場人物の気持ちを考えていきました。

ビデオカメラで学習前の音読の様子と、学習後の音読の様子を撮影し、見比べました。学習後の方が、「うんとこしょ、どっこいしょ」のかけ声が大きくなりました。

onndoku1.jpg haltupyou1.jpg