保戸島小ファミリーを合い言葉に、楽しく元気に何事にも挑戦します。

HOME > 教育研究 > 語彙力を豊かにするための活動

教育研究

語彙力を豊かにするための活動
2012年09月25日

2学期から、全校一斉家庭読書「家読(うちどく)」の取組を始めました。

1学期の学校評価に係る「児童アンケート」および「保護者アンケート」において、「家庭で読書をする」の評価が低く、家庭読書の習慣が身についていないことがわかりました。また、今年度の研究に「語彙を豊かにするための活動の工夫」があげられています。学校では、「朝読書(あさどく)」を週に4日間、15分間実施し、定着してきました。そこで、今回は家庭との協力によって、家庭読書の習慣化を図り、語彙力の向上を図ろうと考え、取り組んでいます。まだまだ始まったばかりですが、2学期末に短期の評価をおこない、改善をしていきます。

家読(保戸島ファミリー).pdf

うちどくパンフ.pdf