保戸島小ファミリーを合い言葉に、楽しく元気に何事にも挑戦します。

HOME > 教育研究 > 2012年度の研修

教育研究

2012年度の研修
2012年05月31日

研究主題

 相手を意識して 自分の考えを表現できる子どもの育成

 

研究仮説

 学校生活全体において、「話す・聞く」能力の習得を図る取り組みをし、それらを活用する場の設定をすれば、相手のことを意識して、

 自分の考えを表現できる子どもが育つであろう。

 

研究の内容

1.理論研究

 (1)国語科における「話すこと・聞くこと」の指導内容の系統化

2.実践研究

 (1)相手・目的を意識した学び合いの場の設定

 (2)児童の実態に応じた表現の手立て(ツール)の工夫

 (3)自己表現についての評価のあり方

 (4)教科・領域以外で自分の考えを表現する場の設定

 (5)語彙を豊かにするための活動の工夫

3.家庭との連携

 (1)言語活動の充実を図るための家庭との連携のあり方