保戸島小ファミリーを合い言葉に、楽しく元気に何事にも挑戦します。

HOME > 校長室より > 明けましておめでとうございます

校長室より

明けましておめでとうございます
2012年01月12日

明けましておめでとうございます。島民の皆さま、保護者の皆さま、そしてこのHPをご覧になっているすべての皆さまにとって今年がよい年になりますようお祈り申し上げます。

 さて、昨年は東日本大震災というとても悲惨な出来事がありました。保戸島でもマグロ漁業関係者が被災されとても他人事とは思えない状況でした。そのような中、本校では児童会を中心に「がんばろう日本プロジェクト 保戸島小学校」を立ち上げ、自分たちでできる支援、節制を考え、実行してきました。玄関に旗を揚げ、校内にポスターを掲示しがんばっています。東日本大震災の復興は数年でなしえるものではないようです。児童会のプロジェクトも長い取り組みになりそうですが、校長としてもしっかりと応援していきたいと思います。

 ところで、本校では年末に学校をあげて餅つきをしています。餅をつき、鏡餅を供え、餅を食するのは、一年の息災を感謝し、次年の安寧を祈る大切な日本の風習です。しかしながら、近年この習慣がなくなりつつあるようです。保戸島でも餅を食べる習慣こそ残っているものの、お餅をつくことはなくなり、機械で作るか市販のものを買うようなりました。そこで小学校では区長会やくろしお会(高齢者)などの協力で、みんなでお餅をつくようにしました。40kgのお米を3時間でつきました。そして、自分たちで食べる分を除いて、残りは“感謝のお餅”として地域の高齢者などに配布しました。これも日本の伝統や文化の継承だと思います。

 がんばろう日本プロジェクトにしてもお餅つきにしても、私たちは日本人としての心情やあり方を育てる大切な場と位置付けています。学力向上ももちろん大切です。そのことに合わせて、本校では日本人としての生き方・あり方を大切に育てていきたいと思っております。九州の東端の小さな島の学校ですが、精一杯がんばります。どうぞ今年もよろしくお願いします。    学校長

022.JPGのサムネール画像のサムネール画像026.JPGのサムネール画像のサムネール画像036.JPGのサムネール画像のサムネール画像