保戸島小ファミリーを合い言葉に、楽しく元気に何事にも挑戦します。

HOME > 校長室より > 運動場の芝生化を進めています。

校長室より

運動場の芝生化を進めています。
2011年08月31日

 一昨年、隣接の中学校が運動場の芝生化をしました。そこで、小学校も昨年度から運動場の芝生化に取り組むことにしました。ただ、昨年度は運動場の一部に実験的に移植しただけでしたが、今年度は地域の人や児童からの要望もあり、トラック部分を除く運動場全面に植えることにしました。今はやりの鳥取方式ではありません。市販のティフトン芝(30cm×30cm)を4分割し、1平方メートルに4枚を植えるやり方をしました。

 6月8日に、本校児童と隣接の中学生、保護者、そして地域の人たちの総勢120人の共同作業で行いました。保戸島は背面の遠見山は緑ですが、生活空間はほとんでコンクリートで緑地帯がありません。学校を芝生化することにより、地域の憩いの場になると、みなさん大いに期待しておりました。無事に生長させることができるかし心配です。(写真左:下準備をしていただいた区長五人衆 写真中:マグロ船に乗るインドネシアの研修生も協力してくれました。 写真右:頑張る子どもたちと地域の人たち トラックに沿って植えました) 

073.JPG(gif)のサムネール画像インドネシア人.JPGのサムネール画像084.JPG(gif)

植えた後、半月経った運動場の様子です。手前の芝生は昨年度植えたものです。ランナーが少しずつでてきました。 6月22日

6月22日の芝生.JPGのサムネール画像6月22日ランナー

 

8月10日の芝生の様子です。ずいぶん広がってきました。本校はこの運動場の南面と校舎(写しているところ)の背面(北側)は海です。よく潮風が吹きますが、このティフトン芝は塩害に強いようなので安心です。

8月10日の芝生