保戸島小ファミリーを合い言葉に、楽しく元気に何事にも挑戦します。

HOME > 各種活動 > 防災・減災のプロが3度目の来校

各種活動

防災・減災のプロが3度目の来校
2013年12月02日

11月28日、大分大学工学部准教授の小林祐司先生とゼミの学生さんが、数か月にわたって3度目の来校をしてくださいました。1回目のHOME-DIG、2回目のSCHOOL-DIGに続き、3回目の今回はSHIMA-DIG。DIGとは、災害図上訓練のことで、島の危険箇所や、災害時役立つものを、実際にトレッキングしながら探し、地図上に落としていきました。わかりやすい説明と、充実した教具のおかげで、家の、学校の、そして今回は島のことを、安全かどうかという視点で見直すことができました。

DSC04339.JPGDSC04344.JPGDSC_4668.JPG

DSC_4674.JPGP1040530.JPGDSC04353.JPG