保戸島小ファミリーを合い言葉に、楽しく元気に何事にも挑戦します。

HOME > 各種活動 > まぐろのかぶと焼きって知ってます?

各種活動

まぐろのかぶと焼きって知ってます?
2013年11月25日

「かぶと」は、いわゆる兜ではありませんよ。まぐろの頭のことをかぶとといいます。保戸島は、古くからまぐろの遠洋漁業がさかんです。今では行われることも少なくなりましたが、頭を豪快に蒸し焼きにして、塩こしょうで食べる漁師料理、兜焼きは伝統的な料理であり、保戸島の自慢です。11月24日(日)、漁業支店長さんが、総合的な学習で保戸島の自慢について学んでいる3・4・5年生を対象に、まぐろのかぶと焼きを作ってくださいました。3時間ほど蒸し焼きにした頭がこんがり焼けてでてきたときは圧巻でした。なんとダイナミックな料理なのでしょう!保護者の方も交え、みんなでいただきました。臭みも全くなく、とともおいしかったです!おまけに、コラーゲンたっぷりだそうです。大好評で、あっという間に骨だけになってしまいました。子どもたちも、何度もオカワリに行って、笑顔で口に運んでいましたよ。

DSC_4555.JPGDSC_4561.JPGDSC_4580.JPG

DSC_4567.JPGDSC_4568.JPGDSC_4589.JPG