保戸島小ファミリーを合い言葉に、楽しく元気に何事にも挑戦します。

HOME > 各種活動 > 読書活動の充実をめざして(下のバナーから引っ越しました)

各種活動

読書活動の充実をめざして(下のバナーから引っ越しました)
2011年05月30日

保戸島小学校では、低学年年間100冊読書、高学年年間60冊読書を掲げて、様々な取り組みをしています。毎朝15分の朝読書の時間の設定や、10日に一度回収してチェックする「読書貯金」などです。現在、読書貯金と連動した「読書すごろく」を作成中です。完成したらまたお知らせします。

 

7月25日、保戸島慰霊の日、「1945 保戸島の夏」の著者、坂井ひろ子さんが来校し、小学校・中学校にそれぞれ本を寄贈してくださいました。

hotojimanonatu.pdf←本のカバー

P1000287.JPG

読書すごろくの取り組み 1月撮影

P1010159.JPG

 5月29日、図書朝会があり、図書放送委員会の5人がブラックシアターを披露しました。この日のために、休み時間をつぶして毎日毎日練習してきただけに、素晴らしい発表でした。何よりも素晴らしいのは、子どもたちの主体性が輝いていたことです。心からの拍手を贈ります。

P1010685.JPGP1010686.JPG

図書室前の掲示板も、工夫してます!

P1020205.JPG