保戸島小ファミリーを合い言葉に、楽しく元気に何事にも挑戦します。

HOME > 各種活動 > おにぎりプロジェクト(2011)

各種活動

おにぎりプロジェクト(2011)
2011年06月01日

※※これは2011年度の取り組みのご紹介です※※

おにぎりプロジェクト」とは、自分たちで育てた米に自分たちで作った塩をふりかけておにぎりをつくろうという壮大な(?)計画です。苦労して作ったおにぎりをほおばるときのことを想像しながら、長い道のりをがんばっていこうと思います!見守っていてくださいね!

その1 田圃の土入れ 5/30(火)~31(水)

校長先生がコツコツと手作りで拡幅してくれた田圃の枠組みに、スコップで土を入れました。2時間でやっと半分くらい・・・。長き道のりじゃあ~。

DSCN7106.JPGDSCN7108.JPG

その2 水入れ6/2(木)

入れた土に新たな土をブレンドして、水を加えて上からみんなでふんづけました。土も混ざって、柔らかくなりました。

DSCN7134.JPGDSCN7146.JPGDSCN7144.JPG

その3 田植え6/6(月)

全校児童で田んぼに入り、田植え!少し余裕をもって、3本植えで、縦横、それぞれの幅20cmと30cmで植えていきました。みんな大喜び!ななめになった苗も、深く入りすぎた苗もあり、紐に印をつけて等間隔に植えたつもりがかなり互い違いになったところもあり、決して上手に植えられたわけではありませんが、子どもたちが一生懸命植えて完成した「島でたった一枚の田圃」は、陽光を反射して、すぐ隣の海にも負けない輝きを放っていました。

P1000019.JPGP1000022.JPGP1000025.JPG

その4 塩つくり(試作品)7月14日(木)~

子どもたちが作り方を調べ、新聞にまとめたものを手に、いざ塩づくり実践!校長先生が下手かた汲んできたきれいな塩水20リットルを、まず布で濾してゴミを取り除きます。ぐつぐつと煮詰めること3時間。10分の1くらいまで量が減って、白いものが見えてきます。これは塩ではなく、硫酸カルシウムという苦い成分だということ。一度火を止めて冷まし、コーヒーフィルターでろ過します。透明になった塩水を、焦げ付かないようにかきまぜながらさらに煮詰めていくと・・・。できました、下の写真のような見事な塩!なめてみると・・・なんてしょっぱいんだああ!心なしか塩味が濃いような気がします。水分を含んでいるので、何度もキッチンペーパーを変えるのが大変です。

P1000277.JPGP1000278.JPG 

その5 だいぶ大きくなりました 7月20日(水)

嵐の度に潮をかぶり、塩害で先端が枯れかかること数度。写真も、先日の台風で倒れ掛かっていますが・・・。なんとかその都度耐えて、大きくなってくれています。

 P1000283.JPG 

その6 稲穂がでてきた! 9月1日(木)

水抜き・干し等を経て、ついに実りの予感が。よーく見てください。

P1000433.JPG

その7 塩づくりのプロに学ぶ 9月8日(木)

本格的な塩づくりに入る前に、佐伯市米水津の「なずなの塩」に見学に行かせていただきました。会長さんがとーーっても親切に説明してくださり、これまでの自分たちのやり方では足りない部分を学びました。アドバイスしていただいたことをしっかり実践したいね!

DSCN7163.JPGDSCN7168.JPGDSCN7172.JPG

その8 塩づくり 9月29日(木)

事前に全校で協力して拾った流木を燃料に、いざ塩づくり!流木の燃えること、燃えること!火力はガスの比ではありません。2時間半で硫酸カルシウムが析出、3時間で塩が析出。ところが、出来上がった塩はなぜか黒みがかっています。なんだこれは!?・・・みんなで首をひねって原因を考えたり、「なずなの塩」の会長さんに電話して尋ねたり・・・結論として、木を燃やした後のすすが入ったのだろうということになりました。うわー、これでは使い物になりません。今日やったやり方を見直さなければ。「白い塩」を大量生産するにはどうするか?新たな課題が生まれました。因みに右が今日作った塩、左が先日の塩。比べると一目瞭然です。

P1000496.JPGP1000498.JPGP1000507.JPG

その9 稲刈り 10月4日(火)

全校でしました!上手に刈れましたよ!

P1000537.JPGP1000533.JPGP1000536.JPG

その10 かけ干し 10月6日(木)

乾燥させるだけでなく、こうしたほうが、栄養が全部米にいきわたっておいしくなるんですって。

P1000586.JPGP1000587.JPG

その11 稲の脱穀

P1000676.JPGP1000691.JPGP1000692.JPG

JA臼杵から指導員の方が来校し、脱穀を指導してくださいました。重たい脱穀機も持ってきてくださいましたよ!一粒も無駄にしないように、みんなでていねいにしました!籾はJAの方が持って帰って、玄米にしてくださいます。どれくらいの量になるか、楽しみです。

その12 玄米になりました

P1000879.JPG

その13 白米になりました

P1000881.JPG

計ってみたら2.8kgでした。・・・・意外に少なかった・・・。

その14 塩量産!

結局、10分の1くらいのところまで屋外で窯で煮詰め、その後冷ましてろ過し、仕上げを室内で行うと、なかなか上手にできるという方法に行き着きました。できた塩は「穂門の華」(ほとのはな)と命名。20gずつ小さなパックに詰めて、他の学校の先生方や地域の方に配ることにしました。

P1000857.JPG

その15 いよいよおにぎり完成!(11月9日)

 P1000912.JPGP1000914.JPGP1000916.JPG

長かった「おにぎりプロジェクト」もついに結実!「保戸島米」に「穂門の華」をふりかけてぱくり!みてください、このおいしそ~な顔!本当の意味での「手作り塩」おにぎり、最高でした!