HOME > 学校からのお知らせ > 干物七輪焼き体験学習

学校からのお知らせ

干物七輪焼き体験学習
2022年03月10日

3月9日(水)、大分県水産加工業振興協議会の主催で、佐伯市役所・大分県南部振興局・水産加工業(神力水産)から7名の方が来校され、1~5年生で「干物七輪焼き体験学習」を行いました。

初めに、「干物の製造工程」や「大分県の水産業」・「魚の栄養」についての説明がありました。次に、二人一組になって、七輪で干物(アジの開き・カマスの開き・ウルメイワシの丸干し・アジのみりん干し)を焼いて食べました。七輪の炭火でゆっくりと焼くことで干物がふっくらと柔らかくなり、日頃魚が苦手な子どもたちも「美味しい」と、四種類全部を食べあげていました。魚の「おかわり」をする子もたくさんいたほどです。お腹いっぱいになって大満足の体験学習でした。竹田の道の駅にも佐伯市の干物を出しているそうです。「道の駅に行って、お母さんに買ってもらおう。」と言っていた子どもたちでした。