HOME > 校長室より > かっぱ先生のひとりごと 「満員御礼」

校長室より

かっぱ先生のひとりごと 「満員御礼」
2021年09月30日

 運動会が二日後に迫った。子どもたちは、総練習以来、うまくいかなかったところや迷ったところの確認作業に余念がない。今日も、朝から入れ替わり立ち替わりやってくるものだから、運動場は常に「満員御礼」だ。友だちの背中を押す声援、小気味良いダンスのリズム。否応なしに、気分は青空へ駆けのぼる。

 本日最後のご登壇は5・6年生。ソーラン最後の「きめポーズ」を、何度も繰り返しながら全員で確認している。「もう少し腰を落としたほうがかっこいいよ」「大漁旗の動きはこうかな」、回を重ねるごとにかけ声も大きくなっている。

 先日、運動場の整備に保護者有志が駆けつけてくれた。そして今日は、サポートステーションの方々が学校周辺の草取りをしてくださっている。

 さあ、諸君、準備はいいか。みんなが応援してくれているぞ。当日は、何も気にせず大暴れしてくれたまえ。それが僕らの感謝の仕方だ。