HOME > 校長室より > かっぱ先生のひとりごと 「盟友」

校長室より

かっぱ先生のひとりごと 「盟友」
2021年07月09日

 新しい傘を買ってもらった。長年愛用してきた大ぶりのコウモリが、突然へそを曲げて閉じなくなってしまったからだ。それだけではない。このままでは車に乗れないと思い、力任せに押さえ込んだら、パキパキッと悲鳴を上げた。「すっ、すまん!」共に風雨を堪え忍んできた盟友に、何ということをしてしまったのだ…。

 帰って妻に話したら「何やってんの~」と言われた。「すっ、すまん…」僕はその日2度目の謝罪をした。