HOME > 校長室より > かっぱ先生のひとりごと  「次の一手」

校長室より

かっぱ先生のひとりごと  「次の一手」
2021年06月09日

 児童会と育友会の共催による「朝のあいさつ運動」が始まった。毎月、第2水曜日に行われるこの活動を、僕はずっと心待ちにしていた。

 今年度第1回目の今日は、児童会から運営委員会と体育委員会の子どもたちと担当教師が、育友会からは理事会の方々が、それぞれ早朝から集まってくれた。児童会も育友会も、今後、他の委員会や専門部会が順次、あいさつロードや体育館前、そして正門横に立ってくれる。正に、子どもと親と教師が一体ととなった取組であるが、次期がくれば、地域有志にも声をかけて学校と家庭と地域による三位一体の取組も可能だ。そろそろ「次の一手」を打つための下準備を始めていい次期かもしれない。