HOME > 校長室より > かっぱ先生のひとりごと  「注文の多い運動場」

校長室より

かっぱ先生のひとりごと  「注文の多い運動場」
2020年11月09日

昼食を終えて運動場に出ると、やれブランコを押せだの、うんていを二つ飛ばしで行くから見ておけだのと、次から次に“注文”が舞い込んでくる。これまで何度か、「聞こえないふり作戦」を試みたが成功したためしがない。彼ら彼女らは、実に粘り強く“注文内容”を連呼し、振り向くまで攻撃の手を緩めることはないのだ。…かくして、僕は白旗を揚げ、“いさぎよく”注文に応じる日々を送っている。