HOME > 校長室より > かっぱ先生のひとりごと 「きずな」

校長室より

かっぱ先生のひとりごと 「きずな」
2020年09月03日

 今日、リモートアプリを使ってみた。長く欠席している子どものためだ。これなら、離れていても、時間と空間を共有することができる。味気ないと言う人もいるが、タブレットの向こうには生身の人間がいるわけだから、その言葉は必ずしも当てはまらない。日頃から元気な担任だが、今日はまた一段と張り切っている。ほかの子どもたちもそうだ。つながった瞬間にカメラの前に人だかりができた。

 使えるものは何でも使う。コロナ禍で急速に広まった感もあるが、「禍転じて福と為す」だ。「成らぬは人の為さぬなりけり」…今日つながったのは空間だけではない。