HOME > 校長室より > かっぱ先生のひとりごと 「親心」

校長室より

かっぱ先生のひとりごと 「親心」
2020年06月25日

「降らば降れ 傘を片手の 通学路 買ったばかりの 長靴の言う」

梅雨の長雨にも負けないようにと、小さな足に合う長靴を選んでくれた両親。その思いを「買ったばかりの長靴」が代弁する。「降らば降れ、父さんと母さんがついている」…だから僕らは、奇跡を呼べる。少々のことではへこたれないんだ。