HOME > 学校の紹介 > 佐伯市立直川小学校 学校沿革

学校の紹介

佐伯市立直川小学校 学校沿革
2016年04月01日

 学 校 の 沿 革

1 直川小学校の沿革

    昭和35年 9月  直川村立直川小学校として直見小学校と川原木小学校を統合して発足(名目統合)
    昭和37年 9月    新校舎に移転し、開校式及び祝賀行事を開催
    昭和38年 3月    校歌を制定
    昭和38年 6月    給食調理場完成,給食開始
    昭和48年  3月    校旗を制定
    昭和49年  2月    開校百周年記念式典を挙行。百周年誌を発行。
    昭和56年  4月    文部省体力つくり研究推進校の指定を受け、研究を推進
    平成 4年  4月     文部省指定道徳教育研究校の指定を受け、研究を推進
    平成 8年 2月     福祉優秀校として大分合同新聞社より表彰
    平成14年 4月    学校評価システム研究校の指定を受け、研究を推進
    平成17年  3月    新校舎完成
    平成17年  3月    市町村合併により佐伯市立直川小学校と改称。給食調理場完成。                    
    平成17年  4月  大分元気っ子体力アップ事業体力向上実践校の指定を受け、研究を推進
    平成18年  4月    大分県「人権の花」運動の指定校を受け、運動を推進
                           大分県ボランティア活動推進指定校となり、活動を推進。                        
    平成19年 4月    小・中一貫教育研究校の指定を受け、研究を推進
    平成20年 11月   小・中一貫教育研究中間発表会を開催
   
平成22年 9月    交通安全少年団(結成20周年)、「大分県交通安全推進協議会長賞」受賞
    
平成23年  7月  小・中一貫教育研究(5年次)発表会を開催
    平成24年11月  フォルクロ―レコンサート開催
    平成25年  9月   幼小中合同運動会開催
    平成27年  6月   土曜授業開始

2 川原木小学校の沿革


    明治 7年 2月   正定寺(仁田原)を仮校舎として学校を創設
    明治12年  1月    仁田原と横川の校舎を併せて柚ノ原学校を創設
    明治20年  5月    仁田原・横川・赤木を併せて一学区とし、柚ノ原庵跡に校舎を新築。仁田原簡易学校と改称。               
    明治25年 9月    仁田原簡易学校を川原木小学校と改称
    明治30年          直見・川原木組合で直川高等小学校を設置
    明治34年          川原木小学校の校舎を上ノ地に新築
    大正12年 7月    仁田原(大久保)の地に校舎を新築し移転
    昭和16年  4月    小学校令の改正により、川原木国民学校と改称
    昭和22年  4月    新学制により、川原木村立川原木小学校と改称
    昭和26年  4月    直見・川原木両村の合併により直川村立川原木小学校と改称

 

3 直見小学校の沿革


    明治 7年 2月    下直見立ケ峰に学校を創設し、新洞学校と称す。竹ノ下に竹ノ下学校を開設。
    明治25年          学制の改正により、新洞学校を下直見尋常小学校、竹ノ下学校を上直見尋常小学校と称す
    明治41年 4月    高等科を加設し、上直見尋常高等小学校、下直見尋常高等小学校と改称
    大正12年 5月    上・下両校を統合し直見尋常高等小学校と改め、間庭の校舎を新設開校   
    昭和16年  4月    小学校令の改正により、直見村立直見国民学校と改称
    昭和22年  4月    新学制により、直見村立直見小学校と改称
    昭和26年 4月    直見・川原木両村の合併により直川村立直見小学校と改称