HOME > 校長室より > 森崎分校の沿革

校長室より

森崎分校の沿革
2011年04月01日

    年 月          内 容

明治 7年 4月      森崎浦、野々河内、猪串浦の3カ村が共同で古坪に三浦学校を創立する。(蒲江町史による)
明治20年 4月  三浦小学校から分離し、森崎簡易学校と改称する。
明治20年 9月  森崎簡易学校を森崎尋常小学校と改称する。
明治29年 5月  字森崎古木場1279番地(神社下)に校舎を新築する。
明治44年 4月  森崎向ヒノ方1562ノ1番地に校舎を新築、移転する。
大正10年 4月  森崎尋常小学校と丸市尾尋常高等小学校とを合併し、名護屋尋常高等小学校と改称する。
大正14年 9月

 4・5・6年生は本校へ通い、3年生以下の編成で旧校舎を利用し、1学級編成で森崎分教場として発足する。

昭和16年 4月  名護屋国民学校森崎分教場と改称する。
昭和22年 4月  名護屋村立名護屋小学校森崎分校に改称する。
昭和30年 4月  町村合併により蒲江町立名護屋小学校森崎分校と改称する。
昭和37年 1月  森崎分校新校舎落成。
昭和49年12月

 開校100年祭が行なわれる。

IMG_7837.JPG

平成 8年 3月  森崎分校新校舎落成式を行う。
平成17年 3月  市町村合併により佐伯市立名護屋小学校森崎分校と改称する。

現在、玄関横に掲示している旧校舎の絵です。(現蒲江小学校の山本雄二校長先生作です。)

IMG_7817.JPG