HOME > フォトギャラリー > 水生生物調査 5年

フォトギャラリー

水生生物調査 5年
2014年09月12日

 

11日に、森下橋の下で、国土交通省の水生生物調査が行われました。当初9日に予定されていましたが、川の水量が多く、2日延期しました。
  スタッフは、国土交通省と番匠おさかな館の方、4名。
  はじめに、川に入って、川底の石をめくり、石についている昆虫などを網で採りました。カゲロウの幼虫などをゲット。
  次に、それを、トレーに移し、種類ごとに分けていきます。小さくて潰れそうなので、ピンセットでつまむのに結構苦労していました。分けたら、図表と見比べたり、スタッフに教わったりしながら、「○○が△匹」と記録していきます。更に、3つの班に分かれて数えた数を、発表しながら集計していきました。今回の調査では、きれいな水にすむ生物が圧倒的に多く、番匠川の水質は「きれい」と判定されました。
  もともと中学生がやっていた調査だったので、5年生には少し難しかったかもしれませんが、よくがんばりました。
  他にも、透視度検査(1mの筒に川の水を入れて、底の印を見て透明度を調べる)やパックテスト(試薬を使って水の中の酸素の濃度を調べる)などもしました。結果は、もちろん、いずれも「きれい」の判定でした。
  貴重な体験となった一日でした。この体験を通して、子どもたちが地元の番匠川をもっと好きになってくれたら嬉しいです。また、環境への取り組みやそれに携わる人の仕事に対して親しみや理解が深まればと思います。
(5年 学級通信より)

IMG_6639 IMG_6640 IMG_6654 IMG_6638 IMG_6650 IMG_6652 IMG_6646 IMG_6647 IMG_6644 IMG_6645 IMG_6642 IMG_6643