フォトギャラリー

秋本番
2013年09月20日

19日は中秋の名月。各地で、豊穣に感謝し、お月様にお供えをしているところもあると思います。ここ本匠地域でもこの夜、お月様にお供えしたあとの唐芋や団子をとってもよいという行事「十五夜さん」(唐芋ぬすび、唐芋ぬすみなどという地区もあるとのこと)があったそうです。現在は唐芋や団子がお菓子やジュースなどに変わり、子どもたちが各家々を回り、それらをいただくとのことです。翌朝、子どもたちに聞いてみると、たくさんのお菓子で袋がいっぱいになったそうです。

本匠の宮ノ越湧水公園で本匠地区のかかし祭りが開催されました。多くの人でにぎわったようです。私も開催日前日にかかし見学に行って参りました。アンパンマン、ちょんがけをする親子、農作業をする人、いのししの親子など多くのかかしが展示されていました。9月末まで展示されているとのことです。

P1010745 P1010748 P1010744

P1010747 P1010749 P1010742

本匠地区の田んぼの稲も成長し黄金色に輝いています。まもなく稲刈りが始まるのではないでしょうか。学校園でも稲穂が成長し、稲刈りまでもう少しというところまで成長してきました。担任によると、田植えが遅くなったので米があまり入っていないかもしれないと言うことですが、子どもたちは収穫を楽しみにしています。脱穀のために千歯も準備しました。うまく使えるでしょうか。

P1010839 P1010840 P1010817