HOME > 学校からのお知らせ > 今日は修了式です

学校からのお知らせ

今日は修了式です
2013年03月26日

3月26日(火)

 

本匠小学校の朝は大人も子どもも明るく元気なあいさつで始まります。

 

今年度最後の登校指導へ向かいます。

 

 

職員通用口より

CIMG9407.JPG

 

CIMG9405.JPG

 

CIMG9408.JPG

 

 

小学校校舎

CIMG9406.JPG

 

 

本匠中学校体育館

CIMG9403.JPG

 

CIMG9401.JPG

 

 

朝日を浴びて光輝く本匠中学校

CIMG9400.JPG

 

 

中学校と裏山

CIMG9399.JPG

 

 

登校してくる子どもたち

CIMG9396.JPG

 

 

 

 

さて、今日は修了式です。

 

子どもたちの確かな成長を実感できた1年となりました。

 

各種テストや意識調査結果(学校評価も含む)などに数値として表れています。

 

子どもたちが失敗してもすぐにあきらめないで「よし、またがんばるぞ!」という気持ちをもち続けることができたからだと思います。

 

家庭や地域のご理解とご協力、そして、幼小・中学校教職員の地道な努力がそれを支えたのだと思います。

 

気持ちづくりに大きく貢献したのが本校独自の取組である教頭だより「ホタッピィ通信」でした。

 

子ども、保護者・地域、教職員のがんばる姿をリアルタイムに発信し続けた教頭だより「ホタッピィ通信」。

 

取組の成果や効果、課題などを目に見える形で子ども、家庭および地域、教職員に示してくれました。

 

 

 

本匠幼小・中学校の『協育』活動のあり方がいろいろなところで高い評価をいただきました。

 

大学の研究者が全国の教職員を対象にした研修講座で本匠小中学校の取組を紹介してくださいました。

 

本校PTA会長と副会長が九州ブロックPTA研究大会で家庭と学校が連携して取り組む家庭学習ノートについて発表しました。

 

県内外の学校を含む多くの関係者から本匠幼小・中学校の取組についてお問い合わせをいただきました。

  

 

 

子どもたちの力を伸ばすことにつながった3つの要因

 

①きめ細かく丁寧な指導・支援

 

②課題解決に向けた指導方法の工夫改善(非常に短いサイクルでPDCA)

 

③大人も子どもも「あきらめずに続ける」気持ちを忘れない工夫

 

 

 

リセットすべきもの、してはならないものを見極め、より質の高い教育を提供できるよう努めて参ります。

 

来年度も引き続き本匠幼小・中学校をよろしくお願いいたします。