HOME > 各種活動 > 小中の連携

各種活動

小中の連携
2019年09月12日

すごい天気だった「しらしんけん体育大会」中学校ダイジェスト

  

  

  

  

  

  

【午後の部】

  

  

  

  

 

 

幼・小・中合同しらしんけん体育大会「予行練習」をしました。

すごい天気でした。でも、幼・小・中、みんながんばりました。

  

  

  

  


合同係り会議も行いました。

小学4年生は、初めての係、緊張します。5・6年生や中学生、リードをよろしくお願いします。

  

  

  

 

小・中合同練習「運べ、ひょうたん様」

雨が続き、体育館の合同練習が続きます。来週は、きっといい天気でしょう。(祈る)

  

  

  

小・中合同で「千歳踊り唄」の練習をしました。

長峰の阿南さん柴山の益永さん、漆生の後藤さん、大木の河野さんをお招きして、しらしんけん体育大会のとりで行う「千歳踊り唄」の練習を行いました。唄の意味や踊りの意味をきちんと教えてくれながら指導してくださいました。中学3年生は、小学校1年の時から指導を受けていますので、9回目です。さすがにうまく踊れていました。千歳町で一番うまいのではないかと思います。はじめておどる小学校1年生も先輩の姿を見ながら、これから千歳踊り唄の踊りを磨いていくのだなあと思いました。

  

  

  

  

三宅小学校実行委員長と佐々木中学校実行委員長がみんなを代表してお礼を言いました。

指導していただいた4名の方々、ありがとうございました。これからもよろしく願いいたします。

しらしんけん体育大会「結団式」を実施しました。

7月16日(月)に、しらしんけん体育大会の結団式を千歳小学校の体育館で行いました。まず、小・中の実行委員長から「しらしんけん」の共通テーマを受けての各校のテーマが発表されました。

千歳小学校のテーマ合わせろ!全力勝負

小学校実行委員長の言葉(抜粋)

 

「小学校のテーマは、『力を合わせろ!全力勝負』です。このテーマは、『チームで力を合わせて一つの競技を頑張ることが優勝に一歩近づくこと』と考えたので決めました。チームみんなで力を合わせて、楽しく全力で取り組みましょう。体育大会まで練習と日々の暑さがきついと思いますが、みんなでよりいい体育大会にしましょう。」

 

千歳中学校のテーマ

中学校実行委員長の言葉(抜粋)

「今年の中学校のスローガンは、『風林火山』です。この一字一字に「めあて」が込められています。例えば、『風』には、『素早く動く』『率先して動く』『何事も先を見通して行動する』というめあてが込められています。『林』『火』『山』にも3つずつのめあてがあります。全部で12です。この12個のめあてを含んだ『風林火山』の合言葉のもと、練習からいつも全校一人一人が意識して素晴らしい体育大会を創り上げていきたいです。(中略)僕にとって最後のしらしんけん体育大会、僕自身も練習から大きな声を出したり、リーダーを支えたりして小・中学生の団結力が高まるように実行委員長として最後まで悔いのないよう頑張っていきます。みんなでしらしんけん体育大会の成功に向かって頑張っていきましょう。」

 その後、各リーダーがくじを引いて赤白を決め、リーダーの決意を聞いた後、小・中のふれあいゲーム「フラフープ送り」を行い、色ごとに結束の掛け声をかけあいました。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

  

2回目の小・中合同の校内研究会を実施しました。

 5月22日に行われた小学校での合同授業研究会に引き続き7月3日には、中学校で合同授業研究会を行いました。今回は、千歳中学校2年生で行われた「浅黄半襟逃散一揆」の提案授業(授業者:梅木陽子先生)を小・中学校の教職員全員で参観し、その後引き続いて小・中合同で授業研究を行いました。大分県杵築市で江戸時代、藩の出した差別政策強化のお触れを団結の力ではねのけた「逃散一揆」を実行できた杵築藩の被差別民衆の姿から人間の尊厳を命を懸けた団結の力で守ってきた先人の姿を学習することで、自分のよりよい生き方探しの材料にしてほしいことをねらった授業でした。子どもたちは、真剣に考え話し合い、人間としての誇りを守るために団結して立ち上がることの意義を感じていました。

  

  

  

小・中合同でチャレンジデーの取り組みを実施しました。皆さんが見たことがある競技です。

 5月29日(水)豊後大野市一斉のチャレンジデーでした。今年もしらしんけん体育大会で行う小・中合同競技の練習をした。1年生は、初めてとり組む競技でしたが、5・6年生や中学生のサポートで楽しくできました。しらしんけん体育大会が楽しみです。

  

  

  

  

小・中合同の校内研究会を実施しました。
5月22日(水)の午後、千歳小学校の提案授業に千歳中学校の先生方が参加して、小・中合同の校内研究会を実施しました。2年生の道徳で授業の提案をしました。その後、小・中合同の事後研究会を実施しました小学校中学校の先生方が、2年生の道徳の授業を見ての良い点・改善すべき点を出し合いました。小学校・中学校が連携して9年間の連続した学びの体制を作っていくための充実した時間になったと思います。10月29日には、豊後大野市人権・部落差別解消教育研究千歳大会が行われます。今回の授業研究の成果をご披露できると思います。

  

  

千歳を守ろう計画」を実施しました。

 2019年5月8日(水)に、2年ぶりの「千歳を守ろう計画」が実施できました。老人クラブ連合会千歳支部の方々のご協力をいただき、千歳小5・6年生と千歳中全校生徒が一緒に実施する千歳小・中学校の近辺の清掃活動です。昨年が雨で中止になったので、天候が心配されましたが、快晴の上、爽やかな気温の中実施することができました。

 実施後の感想発表で「今日だけでなく、これからも自分からごみを拾うようにしたいです。」という感想が出されました。意義ある活動日なったと思います。「千歳っ子は一人では育ちません。千歳っ子は、千歳っ子とともに、家庭・地域の方々の見守りの中で育ちます。」貴重な時間を割いてご協力いただいた老人クラブ連合会千歳支部の皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。