HOME > 学校からのお知らせ > 祖父母・ふれあいクラブとの交流会

学校からのお知らせ

祖父母・ふれあいクラブとの交流会
2016年11月16日

 子どもたちのおじいちゃん・おばあちゃんや地域のみなさんを招いての交流会をおこないました。1時間目に授業参観をした後、体育館で交流会をおこないました。まず始めに子どもたちが市内音楽祭で演奏した「シンコペーテェッド・クロック」の合奏と「365日の紙飛行機」の合唱を披露しました。次に、唱歌「ふるさと」を参加されている方々と手話を交えながら歌いました。その後は、たてわり班に分かれて交流会をおこないました。今年は、「ペタンク」という軽スポーツに取り組みました。子どもたちは事前に練習をして、ルールなどを確認しているので、おじいちゃんやおばあちゃんたちにやさしく教えてあげている姿も見られました。1チーム6人編成で、1試合3ゲームの合計得点で勝敗を決めるというルールで、全4試合をしました。参加された方のアンケートをいくつか紹介します。

・「初めての人々と生まれて初めてのゲームを楽しむことができ、気持ちが高揚しています。」

・「今年は二度目の参加です。新しいゲームも年寄りにもすぐ覚えられるルールでしたので、すぐに覚えて楽しむことができました。来年はもう一人入学しますので、元気で生きたいと思います。ウフフフフ・・・・」

・「年に1回祖父母参観日に来ますが、今日の参観は体育でした。すべての子どもたちが生き生きとマット運動をしているのを見て、こんなこともできるんだと驚きました。ペタンクは2勝しかしませんが、子どもたちと団結していい雰囲気で楽しめました。ペタンクのボールをたびたび拾って手渡してくれるやさしさにも触れて、幸せな気分で帰ります。」

・「合唱、合唱、歌だけでなく手話も交えての発表はとてもすてきでした。子どもたちとペタンクをしながら、「やったー!すごい!!」と共感できてうれしい。また機会を作っていただきたいです。

・「ペタンクは手軽にできて楽しめました。子どもたちと一生に協力できて勝てました。歌声で力をいただきました。身体の不自由さを感じさせないやさしい周囲の子があります。」

・「子どもたちの演奏がとても上手でよかったです。ペタンクは初体験でしたが、楽しく参加できました。各チームの性格が出ていておもしろかったです。学年の壁なく楽しんでいるようで、菅尾のよさが見られてよかったです。」

・「祖父母参観日を孫も私たちも毎年楽しみにしています。できたら机をならべて一緒に授業も受けてみたいです。ゲームも楽しくて、よい祖父母参観日でした。」

・「ペタンクは奥が深くて、ルールがわかった時にはゲームが終わっていました。また今度やってみたいと思いました。合奏や歌がとてもうまくてびっくりしました。」