HOME > 学校からのお知らせ > マリンカルチャーセンター宿泊体験学習(4・5年生)

学校からのお知らせ

マリンカルチャーセンター宿泊体験学習(4・5年生)
2016年07月22日

 7月20日に1学期の終業式を終えて、4・5年生は、21日・22日の一泊二日で佐伯市蒲江の大分県マリンカルチャーセンターで、宿泊体験学習をおこないました。1日目は、海洋科学館の見学をした後、100メートルの海水プールで泳いだり、カヌー体験をしたりしました。初めて乗るカヌーでは、最初思った方向になかなか進まず、出発した地点にUターンをしてもどって来たりしていましたが、しばらすると要領を得て200mくらい沖合までこぎ出すことができるようになりました。2日目は、朝食を食べた後プラネタリウムを観ました。テーマは「夏の星座のものがたり」で、夏の大三角や星座の由来について学習しました。その後、グループごとに元猿湾へ船で出て、海水をすくいプランクトンを採集しました。そのプランクトンを顕微鏡で観察しました。5年生は理科の時間に学校のビオトープの水の中にいたプランクトンを顕微鏡で観察していましたが、海のプランクトンの種類の多さとその形に驚いていました。そして、マリンカルチャーセンターでの最後の活動は、やっぱりプールです。残念ながら100mプールは清掃作業中で使用できませんでしたが、レジャープールで滑り台をすべったり、鬼ごっこしたりして最後まで楽しんでいました。海から遠く離れた菅尾小学校の子どもたちにとって、この二日間の体験学習はとても思い出に残ったのではないかと思います。

こちらもご覧ください→菅尾小学校公式facebookページフォトギャラリー