HOME > 学校からのお知らせ > 全校集会『言葉について考えよう』

学校からのお知らせ

全校集会『言葉について考えよう』
2013年07月02日

7月1日の全校集会のテーマは『言葉について考えよう』でした。普段使っている言葉の中には相手を傷つける言葉があります。逆にうれしくなる言葉もあります。今回は縦割り班ごとに分かれて、いやだった言葉やうれしかった言葉の出し合いを最初にしました。いやな言葉はたくさん出るかと思っていたら、「う~ん、あるかな?」と、迷っている子が多かったです。菅尾っ子は相手を傷つける言葉を使う子があまりいないようで、うれしかったですね。黒板に班ごとに話し合ったことが貼られ、衛藤先生が「ここにある言葉を言われたらどんな気持ちになるのかな?」と丁寧に考えさせていきました。校長からのお話の時間をがありましたので、「毎日毎日ちくちく言葉を言われたら、どんな気持ちになるでしょうか?苦しくて学校に行けなくなったり、中には悲しいことですが命を絶ってしまう人もいるのです。言葉はよく考えて使わないといけないのですね。」と告げました。菅尾っ子にはいつも明るく友達を大事にする行動のできる子どもたちに育ってほしいです。

 

kotobasyuukai1.jpg kotobasyuukai2.jpg kotobasyuukai3.jpg kotobasyukai4.jpg