HOME > 学校からのお知らせ > 学校放送を活用した授業研究会⑥

学校からのお知らせ

学校放送を活用した授業研究会⑥
2016年06月22日

 菅尾小学校では、昨年度から「学校放送番組(NHK for School)を活用した授業研究」をおこなっています。今日は今年2回目の授業研究会で、1年生が国語の授業を実施しました。番組が始まるとみんな食い入るように集中して見ていました。授業の内容は、「オー」と音をのばす言葉についての学習でした。
 参考までに、以下の文章をすべてひらがなで、正しく表記できるでしょうか?

【問題】「遠くの大きな氷の上を多くの狼が十ずつ通る。」

【解答】「とおくの おおきな こおりのうえを おおくの おおかみが とおずつ とおる。」です。

【解説】ふつう「オー」と音をのばす場合は、「う」を書きます。例えば、「そうめん」「ほうき」「とうふ」「もうふ」などです。ただし、いくつかの「オー」だけは、例外として「お」で表記します。これは旧仮名遣いで「ほ」や「を」と表していたものだそうです。ですから、上記の問題の文章を覚えれば、「う」なのか「お」なのか迷わなくて済むというわけです。