HOME > 学校からのお知らせ > なかよし班集会で「人間コピー」

学校からのお知らせ

なかよし班集会で「人間コピー」
2017年10月05日

 1年生から6年生までの150名で、8つのたてわり班を編成していろいろな活動をおこない、集団性と自尊感情を培っています。今月のたてわり班の活動は、集会の時間に「人間コピー」という活動をおこないました。これは、お手本の絵を二人組で一組ずつ見に行って、輪郭や配置などを描き手の6年生に伝え、6年生がお手本に近い絵を完成させるという活動です。今回のテーマは、「満月の下で踊る三匹のウサギたち」でした。見たことを言葉で伝えるのは難しいようで、何度も手本の絵を見に行ってはその特徴を6年生に伝えていました。

お手本の絵をしっかり覚えて 描き手の6年生に伝えます 顔の向きや目の形も
「このあたりに目があったかな?」 「月が大きすぎかも?」 目はどこにあった?
赤のA 赤のB 青のA
青のB 黄のA なぜか横書き、黄色のB
緑のA 緑のB これがお手本の絵でした