HOME > 学校からのお知らせ > 分散登校時の活動

学校からのお知らせ

分散登校時の活動
2020年04月24日

 三重東小では分散登校をしています。校区を3つに分け、3日に1回の割合で登校できる機会をもっています。したがって、指導する側からすると、同じ内容の活動を3日続けることになります。

 「3密」防止に配慮しながらの活動はなかなか難しいのですが、制約のある中で可能な活動や学習を実施しています。当然、休み時間には外で思い切り走ったり一輪車に乗ったりすることもできます。

 1年生は既習内容がほとんどないので、少しずつ学習を進めています。少人数での丁寧な指導が可能となっています。

 2年生はミニトマトの苗を鉢に植えました。この時期を逃すわけにはいかないので、必要なことに絞って活動や学習を進めています。

 学年によってあれこれ工夫しながらの学校生活ですが、たまに会える友だちとの関わりが楽しみだと言う児童がいます。

 寒い日も換気は必ず行い、児童が下校した後は全ての教室と廊下、階段手すり、ドアノブ、水道の蛇口等の消毒をしています。また、手洗いの励行とマスク着用は必須の指導とし、可能な対策を実行しています。

 なお、分散登校は希望制です。ウイルス感染予防のために家庭で過ごすのも選択肢の一つです。