HOME > 教育・校内研究 > プログラミング授業を行いました

教育・校内研究

プログラミング授業を行いました
2018年11月09日

6年生の河野誠教諭が、県教委のICT教育の推進者として選ばれ、本年が発表の年となり、先日国語科の『やまなし』(宮沢賢治)という題材で提案授業を行いました。

子どもたちには、スフィーロという動きや色を自在に変えられる球体のロボットとiPadが与えられ、やまなしの独特の世界を表現しました。

教育委員会、県下の先生方が多数参観する中、子どもたちは自分が考える情景や動きを色で表現し、言葉では友だちや参観者に分かりやすく伝えることができました。