HOME > 学校からのお知らせ > 8月6日 平和を願う日

学校からのお知らせ

8月6日 平和を願う日
2017年08月31日

8月6日は、広島に原爆が投下された日。1945年の原爆投下から、すでに72年が経過しています。本校でも全校登校日を設定し、全校で平和について考えました。たくさんの保護者の方にも、参加していただきました。
 PTA研修部の企画で、長谷川純一先生をお迎えして、平和講演会を行いました。長谷川先生から、まず、原爆投下直後の広島や長崎の写真から悲惨な様子についてお話がありました。子どもたちは食い入るようにお話を聞いていました。

さらに、ここ三光地区の上空にてアメリカ軍と戦いを繰り広げ犠牲になった、日本軍村田曹長の話(1945年 5月7日)や八面山平和公園の話、加藤曹長の話(8月12日)を交えながら、身近にあった戦争の悲惨さや先生自身の体験もお話ししていただきました。貴重な資料を使って、子どもたちにわかりやすく説明していただき、あっという間に時間が過ぎていったように思いました。PTA研修部のみなさん、いろいろとご準備ありがとうございました。その後、全校で平和への願いを込めて、平和の歌「ココロのつえ」を合唱し、各教室で平和について学習を深めました。