HOME > 学校の様子 > 合言葉は,「浮いて待て」!~着衣水泳を教えてもらいました。

学校の様子

合言葉は,「浮いて待て」!~着衣水泳を教えてもらいました。
2016年07月14日

合言葉は,「浮いて待て」!

上手に浮くことができました!

 7月14日(木)は久々の快晴となりました。前日までの大雨が嘘のようにジリジリと照りつける日差しは,真夏の日差しでした。

そんな中,消防署の若手で作る「中津着衣永会」の方々が3年生以上の子どもたちに,水に落ちたときの身の守り方を伝授してくれました。

合言葉は,「浮いて待て」です。

人間の体は,水上には2%しか出ないそうで,立ち浮きなら頭と手首程度らしいです。ですから,腕を上げて振るなんてことを無理しようとすると頭は水没して危険なことになるんだとか・・・

知らないといけない,間違えた行動ってあるのだと改めて思いました。

 10人もの若手の隊員さんが来てくれて,数名ずつを個別に対応してくれたので,子どもたちはあっという間に浮くことができました。

今年のプール開きで「安全第一」を意識して,子どもたちには必ずバディの徹底を指示しました。

この訓練でも,まずバディの徹底を指導されました。

 19日(火)には,5・6年生の着衣水泳が計画されています。(雨天時は講義になります)

《3年生》

    

《4年生》