HOME > 学校の様子 > 絶滅危惧種ベッコウトンボの観察に行ってきました。

学校の様子

絶滅危惧種ベッコウトンボの観察に行ってきました。
2016年05月13日

 今日5月13日(金)は、3年生がベッコウトンボの観察に行ってきました。

とても天気がよく、汗ばむ陽気でした。

地元の人もよく知らない人がいるらしいのですが、校区にある野依の新池にはたくさんのベッコウトンボが生息しているのです。

絶滅危惧種のベッコウトンボは全国で3,000頭ほどしか生息していないらしいのですが、そのうちの1,200頭ほどがこの中津の野依新池に生息すると言うことです。すごいことです。

もっとアピールすればいいと思うのですが、見学者が増えて荒らされることの恐れがあるからでしょうか。。。

1時間30分ほどの観察会でしたが、ベッコウトンボはもとよりモノサシトンボ、ハラビロトンボ、ヨツボシトンボ、ショウジョウトンボを観察することができました。

トンボを見つける度に子どもたちは歓声を上げていました。

素晴らしい自然に感動しました。