HOME > 学校からのお知らせ > "八幡っ子米"の販売に行ってきました! ~県農業祭出店~

学校からのお知らせ

"八幡っ子米"の販売に行ってきました! ~県農業祭出店~
2021年10月19日

先週の土曜日(10/16)、4・5年生10名の児童が県農業祭(会場:別府公園)で「八幡っ子米」を販売しました。

今年の米作りは・・・

種籾まき→4,5年生  田植え・稲刈り→全校  脱穀作業→3,4,5年生 が関わりました。

販売のためにJA玖珠九重良心市の方をゲストティーチャーに迎えての「米の販売戦略授業」も受け、その後、たくさん買ってもらうために、自分たちで考えたイラストシールを貼り、PRポイントを考え当日の販売に臨みました。(くすまTVの取材としていらしていた「あべこさん」も販売に一役かってくださり、児童と一緒になって大声を出し八幡っ子米をアピールしてくださいました。(その模様は後日、玖珠町アプリ「りんくす」の中の「くすまTV」で放映される予定です)。途中、販売PRをしても誰も振り向いてくれなかったり、声をかけても素通りされてしまったりと物を売ることの難しさも体験でき、教室の中では学べないことをたくさん学ぶことのできた今年の米作りでした。

余談ですが、昨年は台風接近のために中止になりましたが、一昨年の八幡っ子米のことを覚えている方もいて、わざわざテントの場所を探して買いに来てくださった方もいました。また、土曜日に買って食べてみたのでしょう、日曜日にも買いに来られた方がいらっしゃり、日曜日には出店していなかったので、できれば郵送してほしいという電話が学校にかかってきました。

今年は、うるち米が94袋(全100袋)、餅米が46袋(全79袋)の売り上げでした。完売とまではいきませんでしたが、自分たちの作ったお米をたくさんの方に買ってもらうために、八幡っ子米のおいしさの秘密(八幡の自然環境やお米の品質等)を探ったり、販売のための工夫やPR内容・方法を考えたりと学ぶことの多い米づくりでした。