HOME > 校長室より > 小中連携による9年間を見通した教育をめざして

校長室より

小中連携による9年間を見通した教育をめざして
2014年04月01日

本校は豊かな自然に恵まれており、小学校と中学校が併設しています。また、小野原地区にこの小野原分校があり、小学校本校12名、分校3名、中学校10名、計25名の小規模の学校です。

「ふるさと玖珠・日出生を愛し 自分の夢・目標の実現に向け努力する 知徳体バランスの取れた生徒の育成」を学校教育目標にして、小学校12名(うち分校1名、分校加配1名)、中学校9名の全職員で、小中連携による9年間を見通した教育活動を進めています。

子どもたちは素直で、よくあいさつをし、よく働きます。1学期には七夕会、2学期には小野原マラソン、3学期には小野原文化祭の行事を行い、地域の方とのふれあいを行っています。本年度は体力向上をめざして、一輪車に取り組んでいます。

他にもまだたくさんいいところがある子どもたちです。そんな子どもたちを学校と家庭、地域が協力しながら育ててまいります。今後も本校へのさまざまなご支援・ご協力をよろしくお願いします。

 

平成26年4月1日

玖珠町立日出生小学校・小野原分校・中学校

校 長  長 岡  征 剛

 

26年度学校経営全体構想・小.pdf

H26 4点セット(日出生小)・1学期.pdf