HOME > 学校行事 > 晴天に恵まれ、小中合同運動会終わる

学校行事

晴天に恵まれ、小中合同運動会終わる
2014年09月22日

9月14日(日)、晴天に恵まれ、本校で小中合同運動会が行われました。保護者の要望により復活した入場行進で、子どもたち25名全員が2週間の練習で自信を身につけて、笑顔で堂々と運動場を1周しました。開会式では、紅白団長の競技、応援のW優勝をめざす力強い決意表明が行われました。

undoukai15.jpg  undoukai16.jpg  undoukai1.jpg  undoukai2.jpg

早速競技や演技が開始されました。まず競技では、子どもたちは徒競走や団体競技、紅白リレーなどに精一杯練習の異性かを出そうとする姿がすばらしかったです。演技では、小学校本校児童の「ガッツ」や分校親子による「小野原ソーラン」、中学生の「炭坑節」「オクラホマミクサー」、保育所親子による「ベイビーロックンロール」「ようかい体操第一」など、発達段階に応じた踊りを見せてくれました。我が分校児童は3名ですが卒業生親子に手伝ってもらい、かっこいいソーランを踊りました。

undoukai31.jpg undoukai21.jpg undoukai20.jpg undoukai11.jpg

undoukai7.jpg undoukai17.jpg undoukai27.jpg undoukai28.jpg

運動会と言えば、午後の応援合戦と中学校伝統の「日出生大自然太鼓」の発表です。応援合戦は紅白それぞれ応援団長を中心に独自の応援を作り出し、審査員にアピールしました。また、太鼓の発表では、はじめに小学校5・6年生7名が「春」を演奏しました。続いて中学生10名が「ふるさと」の篠笛の演奏で始まる「秋」と瑞宝太鼓から教わった「息吹」の2曲を力強く演奏し、会場にすばらしい太鼓の音色を響かせてくれました。

undoukai18.jpg undoukai19.jpg undoukai9.jpg undoukai10.jpg

保護者や地域の皆さんが参加した競技や演技も行われました。「ゲートでホイ」や「玉入れ」、「なわない競争」「綱引き」「小学生親子競技」「日出生音頭」「豊年踊り」など、たくさんの競技や演技に参加してくださり、運動会を盛り上げていただきました。また、地元消防団による小型ポンプ操法も初めて披露され、日頃からの訓練の様子を垣間見ることができました。

undoukai6.jpg undoukai26.jpg undoukai8.jpg undoukai30.jpg

undoukai29.jpg undoukai13.jpg undoukai14.jpg undoukai12.jpg

運動会の結果は、白組が競技・応援の両方とも優勝しました。中学3年生がいなかった昨年に引き続いて応援団長や実行委員長などを務めてくれた中学3年生5人のおかげで、運動会テーマ「挑戦~一つの炎になろう~」を達成できました。とにかく天気に恵まれ、参加した全員が楽しく秋の一日を過ごすことができて、よかったです。ご協力ありがとうございました。