HOME > 学校からのお知らせ > 理科っておもしろい~ふりこの法則~

学校からのお知らせ

理科っておもしろい~ふりこの法則~
2014年02月12日

 理科の実験の様子を紹介します。5年1組の子どもたちが、「ふりこの法則」の学習をしている様子です。

●問題「ふりこが一往復する時間は、A(おもりの重さ)、B(ふりこのひもの長さ)、C(振り幅の角度)のどれによって変わるのか?」

 この問題を解くために天井からつり下げられるふりこを作り、各班ごとに実験をしているところです。スタッフ細胞を発見した小保方晴子さんにみたいに、疑問をもったら徹底的に追究する子どもたちに育って欲しいと願っています。

因みに、答えはB(ふりこのひもの長さ)です。しかし、理由を説明するのは難しいですね。学問的には、「振り子の等時性」と言われ、ふりこ時計に活用されています。

P1060496.jpgP1060490.jpgP1060506.jpg