HOME > 教育研究 > 郷土の偉人2(滝口武士‥たきぐちたけし)1904~1982

教育研究

郷土の偉人2(滝口武士‥たきぐちたけし)1904~1982
2012年10月19日

 滝口武士(たきぐちたけし)は,校区内の手野地区に明治37年に8人兄弟の長男として生をうけました。

 大分県師範学校を優秀な成績で卒業し,その後,詩人として有名になりました。

 「酒を好まず,酒の上の喧騒を嫌い」「服装も極めて尋常なる風俗を好み,芸術家気取り,風変わりなのを毛嫌いし」

「常に清潔を尚び,稚拙,単純を愛し,たとえ複雑な過程を経るとしてもやがて復元,単純に還るべき」ということが

処世のモットーでした。

 本校の校長として昭和23年4月~昭和26年3月まで勤務しています。また,本校校歌の作詞者としても有名です。

 <若葉>

 校庭の 若葉の中に

 児童らの 声々がいりまじり

 呼び合ったり 叫んだり 歌ったり 話したりしている

 胸一ぱいに みちみちた声々は

 力強く はずんで

 晴れた空に ひびき合っている

 太郎よ お聞き 次郎よ お聞き 

 学校の 声を聞いていると

 大きな志が 湧いてくるね

★滝口武士1.jpg★滝口武士2.jpg