HOME > 学校からのお知らせ > 芯の通った学校組織...運営委員会を見直しました

学校からのお知らせ

芯の通った学校組織...運営委員会を見直しました
2013年11月11日

 本年度から発足した運営委員会ですが,第2回別府教育事務所訪問で指導を受け,10月から下記のように見直しを行いました。

 実際に下記のように見直したことで,各職員のモチベーションも上がり,児童達も自分たちのめあてがはっきりした取り組みができています。

 今後,より効果的な取り組みを模索していきたいと思っています。

 

◎内容等の改善

           <10月まで>               <10月から>

1 内容      職員会議議題の検討     →  本校重点項目について担当者と改善策の話しあい

 

2 時間      毎週1時間程度         →  毎週担当者ごとに30分(1ヶ月で全担当者と話し合う)

 

3 メンバー   研究・生徒指導・保健主事   →  1週…教務,2週…研究,3週…生徒指導・保健,4週…教頭      

                                ※管理職と教務主任は毎回

 

4 生かし方   職員会議で再提案       →     1ヶ月後の運営委員会でPDCA(プラン,実践,見直し,再実践)を確認し

                                 職員会議で話し合ったことを報告

 

◎重点項目に関する具体的な改善策

1 ぐんぐんタイム(国・算)の内容 …習熟度別に行う。全職員で個別に対応していく。

 

2 読書 …おすすめの本を教室の後ろに置く。給食の待ち時間は読書タイムにする。

 

3 らんらんタイム(持久走) …毎回5周以上を目標に走る。

 

4 チャレンジタイム …たてわり班毎にチャレンジ種目に挑戦。チャレンジ種目はローテーションで全て回る。

 

5 あいさつ …自分から先にあいさつをする 。校内では「こんにちは」を重点に取り組む。

 

 管理職や教務主任主導の運営委員会から各担当者主導の運営委員会になっていくことを目指して全職員で取り組んでいるところです。