HOME > 各種活動 > 蛇谷太鼓 【随時更新】

各種活動

蛇谷太鼓 【随時更新】
2018年06月15日

蛇谷太鼓とは

<蛇谷伝説>

 大昔、校区に蛇谷とよばれる谷があり、その村には大蛇が現れ、村人を恐れさせていました。

ある時、麻生直政と清原道念という鉄砲の名人が村を救う決意をし、大蛇退治に出かけました。

ある日大蛇が現れ、のどもとめがけて唐金弾を打ち放つと、大蛇は地響きをたてて倒れてしました。

明け方、ある家の軒先には、見たこともない鋭い剣が刺さっていました。人々はその不気味さに、恐れおののきました。

数日後、邪気にうたれ道念は息をひきとってしまったため、村人は力を合わせ、谷に火を放ち、大蛇を焼き殺してしまいました。

今でも、その剣の刺さったところを「剣軒」とよび、道念が使っていた鉄砲も残っています。 

<蛇谷太鼓のおこり>

 昭和55年、蛇谷伝説から素材を得て、当時本校に勤務していた3名の教諭が、協同構成した太鼓です。

全校児童による音楽活動で、郷土の民謡を和太鼓のリズムを生かした語りとして構成しました。

上級生が下級生に伝承する本校独自の音楽活動として、テレビ出演や新聞などマスコミを通して広く紹介されています。

<蛇谷の歌>

そこじ二人は鉄砲を抱え  

鳴らす鹿笛大蛇をさそい  

ふたりゃ身構え唐金はなつ 

地鳴り山鳴りのたうち回る 

命からがら駆け込む草屋

雲の湧きたつ蛇谷へ急ぐ

やがて激しきあの雨と風

玉はたがわず大蛇にあたる

邪気に打たれたふたりん男

あわれ道念息たえしもうた

国東市武蔵町人権フェスティバル

 
  

平成29年度の蛇谷太鼓

蛇谷太鼓引き継ぎ式

2018年2月22日

 2月22日(木)に蛇谷太鼓引継ぎ式を行いました。今年は全校児童23名の内11名が6年生です。5年生はいなくて、4年生3名、3年生3名、2年生4名、1年生2名、在校生は合計12名となっています。そのため例年のような、6年生から5年生への引継ぎは不可能です。どうしたものかと考えていたのですが、思い切って2~4年生10名への引継ぎという形をとってみました。

 当初2年生でも太鼓が叩けるか心配していたのですが、そんな心配は全くの杞憂で、子どもたちは素晴らしい演奏を聞かせてくれました。毎年、この引継ぎの際に在校生は大きく成長してくれるのですが、2~4年の10名は、6年生から託された西小学校の伝統をしっかりと受け継ぎ、自分たちで背負っていこうとする意志を見せてくれました。

 蛇谷太鼓の引継ぎは、単なる太鼓演奏の引継ぎではありません。これまで先輩たちが守ってきたこの西小学校のすべてを引き継ぐ、心から心へのバトン、「後を託したぞ」との魂の引継ぎなのです。38年間、この蛇谷太鼓はこうして引き継がれてきました。今回、そうした心を引き継げるのか心配したのですが、4年生はしっかりと、2年3年生も引継ぎの意味を体感してくれていました。6年生から付きっ切りで指導をしてもらいながら、「蛇谷の心・西小の誇り」を受け継いだのです。

  

開式

6年生のあいさつ

 

在校生

 

参観の皆さん

 

6年最後の演奏
 
法被の引継

6年から在校生へ

 

着付け

 

在校生あいさつ

 

新しいメンバー

気合いをこめて

 

呼吸を合わせて

 

真剣な表情

 

2年生による「語り」

 

4才5才児のおはやし

 

みごとに引きつぎました

  

    

蛇谷太鼓引き継ぎに向けての練習

2018年2月19日

いよいよ蛇谷太鼓の引継式が近づいて参りました。

今回の引継は、6年生11名から2~4年生10名への引継となります。

この日、宮崎先生をお招きして、指導をしていただきました。

 

 宮崎先生

 

 新しい指揮者

 

2~4年の新しいメンバー

 

6年生の前で 心配そうな6年生 みごとな演奏でした

    

人権フェスティバルで披露

2017年12月02日

今年2度目の演奏となる蛇谷太鼓の披露を「人権フェスティバル」が行われたセントラルホールでしてきました。

学期に1回程度の披露ですが、そのための練習を頑張りました。前日に、太鼓を運びリハーサルを行い準備万端整えましたが、やはり当日は緊張するもので、職員は出番までの細かいタイムテーブルを準備し、力がちゃんと発揮できるようにと気遣っていましたが、子どもたちは割とリラックスした様子で本番まで待っていました。

いざ本番、こちらの心配は杞憂に終わり、それは素晴らしい、心に響く演奏を行えました。

まず最初に6年生が緞帳の前で、これまで総合的な学習の時間に行ってきた「蛇谷伝説」の調べ学習の結果を発表しました。11月に調査に行った時のことを中心にしっかりとした発表ができました。 

一列に整列し、マイクを渡しながら順番に調べたことを発表していきました。

 

緞帳が上がり、演奏開始です。

 

清原円さんの語りもどうにいったものです。

 

指揮者の竹田津くんの手の動きに合わせて太鼓の音が鳴り響きます。

  

後ろに控える緑法被の低学年と保育所園児のお囃子も声が通ってすてきでした。

 

メイン太鼓、大太鼓、脇太鼓、銅鑼、息もぴったりの演奏です。

  

大きな歓声を得て演奏を終わりました

   

蛇谷伝説調べ学習

2017年11月08日

8日(水)に6年生が蛇谷伝説調べ学習へ行って来ました。

本校の伝統である「蛇谷太鼓」の基となる杵築藩史に残る記述をなぞる学習です。

丸小野上地区在住の都留真直さんに案内、説明をお願いしながら、6年生は自分たちの演奏する蛇谷太鼓と照らし合わせながら調べ学習を進めていきました。

都留真直さん

 

ていねいに教えていただきました

 

道念たちが飲んだ井戸

 

今も水がコンコンと湧いています

 

実際に飲んでみました

 

大蛇の「しり剣」がつき刺さったお宅  「剣軒」

 

都留正広さんの奥さん 母屋の軒に刺さっていたそうです

 

六大竜王社への道

 

鬱そうとした森の中に社はありました

 

ここに「しり剣」が祭られています

 

蛇谷の調査は、途中で断念せざるを得なかった。

また、天気の良い時にチャレンジしたいものです。

蛇谷の入り口です

 

道なき道 先月の台風で倒木が激しいためこれ以上前に進めません

 

 

    

武蔵町ホタル祭りに「蛇谷太鼓」参加

2017年06月16日

蛇谷太鼓の演奏

6月3日(土)に武蔵町のホタル祭りが開催されました。例年のように、西小学校も参加し「蛇谷太鼓」披露しました。当日は天気にも恵まれ、大勢のお客さんがいらしていましたが、堂々と演奏することができました。今年度初めての披露でしたが、とっても良くできたと思います。

 

  

 宮崎先生をお招きしての蛇谷太鼓の練習

2017年05月31日

ホタル祭りに先立ち、5月中は太鼓の練習に頑張りました。5月31日には、宮崎先生をお招きして仕上がりを確認・指導していただきました。宮崎先生からも「とってもよくできています」とおほめの言葉を頂きました。

平成29年度の蛇谷太鼓

下のリンクをクリックしてください

平成28年度の蛇谷太鼓 

下のリンクをクリックしてください。

http://syou.oita-ed.jp/kunisaki/musasinisi/guide/index.html.htmlhttp://syou.oita-ed.jp/kunisaki/musasinisi/guide/index.html.html