HOME > 学校からのお知らせ > AEDを設置しました ~1階の渡りろうか・緊急時にお使いください~

学校からのお知らせ

AEDを設置しました ~1階の渡りろうか・緊急時にお使いください~
2019年11月27日

■先日、1階の渡りろうかに、AEDを設置しました。

・今までは、屋内【玄関に入ってすぐのところ】のみでしたが、屋外にも設置しました。休日等、野外【運動場等】で緊急のこと【心臓停止】が起こりましたら、大人の判断で使用してください。

通報後に救急車が到着するまでの時間は全国平均8.1分と言われています。突然の心停止を起こした人の救命の可能性は、下図のグラフにもあるように、時間の経過とともに低下しますが、救急車が到着するまでの時間に、その場に居合わせた人が救命処置(心肺蘇生とAED)を行うことで救命の可能性が高くなります。


【AEDとは】

AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。

2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、病院や診療所、救急車はもちろんのこと、空港、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、企業等人が多く集まるところを中心に設置されています。

AEDは、操作方法を音声でガイドしてくれるため、簡単に使用することができます。

AED 写真

また、心臓の動き(心電図)を自動解析し、電気ショックが必要な方にのみ電気ショックを流す仕組みになっています。