HOME > 学校からのお知らせ > ゲーム・スマホが体に与える影響についての学習

学校からのお知らせ

ゲーム・スマホが体に与える影響についての学習
2020年10月27日

 10月26日(月)に大分大学医学部付属病院で外科医として活躍している前田哲哉先生をお招きして、スマホやゲームが脳や体に与える影響について4年~6年までの児童にお話をしていただきました。スマホやゲームをやりすぎると脳の前頭葉の血流が悪くなり、イライラしたり集中力がなくなるというお話や、睡眠や朝ご飯の大切さなど小学生にもわかりやすく医学的な見地でお話をしていただきました。前田先生と私はご縁があり、先生が国見中学に在籍していた時に3年間担任をさせていただきました。勉強にもスポーツにも頑張る生徒で、国東高校から大分大学医学部に進学し、今は同付属病院で活躍しています。今回の話しは児童の心にも残ったようです。ゲームやスマホは便利で楽しいものですが、付き合い方を考えていかなければいけませんね。