標高1,500メートルのわいた山を臨むことができ、温泉やホタルの飛び交うすばらしい環境にある学校

HOME > 学校からのお知らせ > ユニセフ募金の取組の提案

学校からのお知らせ

ユニセフ募金の取組の提案
2017年12月20日

毎年、児童会が中心となり、続けてきたユニセフ募金の取組の提案がありました。

自分たちのお年玉の一部をユニセフに募金することを通して、世界中の子どもたちが平和で健康に暮らせるための活動に参加するとともに、それらの活動に関心を持つことがねらいです。

募金を始めるに当たり、児童会もいろいろな視点から調べて提案してくれました。

日本でも、戦後15年間くらいユニセフに支援をしてもらっていたこと。

また、シリアのアレクという男の子が、戦争の中、学校も爆撃を受けて行けなくなり、自宅の窓から学校に続く道を眺めていたこと。

学校に行けるということ、鉛筆があるということ、勉強できるということが当たり前ではない国が今もあることを伝えてくれました。

今、自分にできることを考える子どもたちです。

また、ユニセフから届いた感書状も読み上げて紹介してくれました。