標高1,500メートルのわいた山を臨むことができ、温泉やホタルの飛び交うすばらしい環境にある学校

学校からのお知らせ

人権集会
2017年05月17日

5月17日の全校集会は『人権集会』

児童会長の次のような挨拶からスタート。

「人権とは、人が生まれたときから持っている、自由・平等・生存などの人間としての権利です。簡単に言うと、『人として幸せに生きる権利』です。今日は、みんなが楽しく過ごせるための決意を発表します。」

素晴らしい挨拶でした。

まず、全校が【たのしく】過ごすために必要な[ほかほか言葉][ほかほか態度]とは、具体的にどんなことなのか、みんながイメージしやすいように、児童会が事前に撮影した劇を通して学びました。

その劇は、本校に見られる実態を元にしたオリジナルのシナリオです。また、チクチク言葉や心が温かくなった言動など、全校に問いかけながら、みんなが参加できる集会を仕組んでいました。エンディングでは、目標とする姿も演じてくれていました。

教職員からの指導ではなく、児童会を中心によりよい学校を創ろう、よりよい人間関係を築いていこうとするところに値打ちを感じました。

そして、今日の集会までに各学級で話し合い、決定した、私たちの【人権宣言】の発表です。

全員が前に出て、しっかりと声を出し、役割を持っての宣言、立派でした。

一人一人宣言をした学級もあり、「自分の良いところを見つけます。」という宣言もありました。

自分のよさを知り、自分自身を大事にすることはとても大事なことであり、それが人を大事にすることに繋がります。

さあ、宣言をしたらここからスタートです!

これから、宣言を実行に移す具体的な取組を日々重ねていきます。