のびる がんばる みとめあう 笑顔の野上っこ

HOME > PTA活動 > おやじの会作業

PTA活動

おやじの会作業
2016年06月20日

子どもたちのためにとおやじたちが頑張りました 

19日(日)の午後におやじの会の作業を行いました。朝までは雷をともなう雨で実施が危ぶまれていましたが、昼には晴れ間ものぞく天気に回復し、作業が実施できました。各学年のおやじの会役員が声かけをしてくれたこともあり、総勢25人での作業になりました。 

今回の作業内容は、運動場側溝の清掃、校舎まわりの草刈りと剪定、コミュニティー広場のベンチの移動、作品「野上の夜空」の木枠づくりと内容は盛りだくさんです。役員さんが前日に準備をしてくれてので、当日の作業はとてもスムーズに行われました。おやじの会作業も4年目となり、おやじどうしも顔見知りとなりました。かけ合い漫才を見るかのようなにぎやかな声、そして笑い声が校庭から聞こえてきました。

作業を始めて2時間、校舎内外が見事なほどきれいになりました。運動場の側溝は昨年掃除をしていただいておかげで、水はけのよい運動場が維持できていました。その側溝も1年間で砂がいっぱいになっており、今回の作業ですっかり綺麗になりました。

コミュニティーひろばのベンチも移動が終えました。これから車を駐車するときはぶつける心配もなくなりました。

校舎内では、ベニア8枚に木枠をつける作業が行われました。このベニアは、昨年キャビンカンパニーと子どもたちが作成し「のがみの夜空」と名付けられた大作です。2階の渡りローカに立てかけたままでは劣化をしてしまいます。そこで、黒い木枠をつけて壁に固定をしてくれました。これで、今後も大切にして行けそうです。 ありがとうございました。

作業が終わって解散した途端に雨が降り出しました。何と運のよいことか? 感謝、感謝! 父の日にもかかわらず参加してくれた方々に感謝します。

夕方から定例の反省会が始まりました。おやじの会発足にかかわってくれた歴代会長の先輩方も合流していただきました。総勢18名で楽しい会話がはずみます。子どもたちに今日の作業のことはしっかりと伝えていきたいと思います。

今日はよろしくお願いします!

ふたを開けると砂がいっぱい!

校舎裏側の除草です。

八重桜を伐採します。

給水槽横の芭蕉の木も。

ふじ棚も綺麗になりました。

黒い木枠をはめ込みます。

枠を固定します。

壁面に8枚を固定して完成!

ベンチを掘り起こします。

無事に移動できました。

あじさいが綺麗!お疲れさまでした