のびる がんばる みとめあう 笑顔の野上っこ

HOME > 学校だより > 家庭学習を考える

学校だより

家庭学習を考える
2016年12月02日

多くの保護者の方の参加で2学期末PTAがひらかれました

12月に入り2日(金)は本校の期末PTAが開催されました。授業参観は各クラスの人権授業で子どもたちの様子を見ていただきました。

その後の全体会では、PTA研修部のお世話で「子どもの家庭学習を考える集い」を開催しました。この取組は昨年は2学期の夜に開催しました。しかし、その時の参加者が少なかったこともあり、お話をすべての保護者の方に聞いてもらいたい。また、子どもたちにも聞かせたいという思いで今回の計画になったようです。

家庭学習を習慣づけることがとても大切なこと……特に低学年の時にその習慣づけが大切なことを話していただけました。そのために親がどのようにかかわっていくのか、今日からできることを学びました。さっそくポジティブルールを各家庭で話し合ったのではないでしょうか。

毎回のことですが、期末PTAへの参加率が高いことに驚かされます。感謝、感謝!です。

ともだちのよいところをみつけよう(1年生)

自分の名前のゆらいを知ろう(2年生)

人間って何ですか?(3年生)

ユニバーサルデザイン出前授業(高学年)

卓球(高学年)

ボッチャ(高学年)

たくさんの聴講者です

習慣づくり、ルーティーンが大切

昨年に引き続いてのおはなしです